弁護士紹介

村松 頼信

TEL:03-5218-2098(直通)

主な業務分野

M&A、各種訴訟・非訟・保全事件、労働法務、コンプライアンス、不祥事対応、刑事事件(経済事犯)、その他一般企業法務


学歴・経歴
2007年 京都大学法学部 卒業
2009年 京都大学法科大学院修了
2010年 弁護士登録
2010年 潮見坂綜合法律事務所入所
2013年 当事務所に参画

所属弁護士会

第二東京弁護士会



主な実績(公表事例のうち主なもの)

  • 上場会社(JASDAQ)における株主代表訴訟で勝訴した株主から会社に対する、会社法852条1項に基づく費用等請求(請求額1000万円余り、うち97%以上が弁護士報酬相当額)において、認容額が1,000,000円に抑えられた事例(被告会社側)(2016年)
  • 上場企業(東証一部)の退任役員からの会社及び代表取締役個人に対する退職慰労金相当額の損害賠償請求及び使用人兼務取締役としての労働契約に基づく退職金請求等がいずれも棄却された事例(会社・代表取締役側)(2015年)
  • 芸能人の芸能プロダクションからの脱退を巡る訴訟・仮処分(芸能人側代理人)(2012年〜)
  • 東京地検特捜部により起訴された所得税法違反被告事件(弁護人)(2013年〜)

論文・著作等

2017年8月論文[コーポレート・ガバナンス]

(連載) 会社のステージ別で見る 株式・インセンティブ報酬の選択のポイント
第6回 会社のステージ別解説 ②上場後年数が長く株価の安定している会社

2017年7月論文[コーポレート・ガバナンス]

(連載) 会社のステージ別で見る 株式・インセンティブ報酬の選択のポイント
第5回 会社のステージ別解説 ①上場後間もない会社

2017年6月論文[コーポレート・ガバナンス]

(連載) 会社のステージ別で見る 株式・インセンティブ報酬の選択のポイント
第4回 インセンティブ報酬の類型と特色 ③税務

2017年5月論文[コーポレート・ガバナンス]

(連載) 会社のステージ別で見る 株式・インセンティブ報酬の選択のポイント
第3回  インセンティブ報酬の類型と特色 ②会計

2017年4月書籍[コーポレートガバナンス]

社内規程の整備―平成26年改正会社法・CGコード等を受けて―

すべて表示