弁護士紹介

清野 訟一

TEL:03-5218-2093(直通)

主な業務分野

会社関係訴訟・非訟、M&A、MBO・非公開化・グループ内組織再編、コーポレート・ガバナンス、株主総会指導、取締役会運営支援、第三者委員会運営支援、買収防衛策導入、不祥事調査・対応、労働訴訟・労働問題対応、資産の流動化・証券化、一般企業法務


学歴・経歴
2005年 京都大学法学部卒業
2007年 京都大学法科大学院修了
2008年 弁護士登録・牛島総合法律事務所入所
2011年 当事務所に参画
2015年 大手証券会社 投資銀行部門・M&Aアドバイザリー部門出向
一種証券外務員資格取得
2016年 当事務所に復帰
2017年 パートナーに就任

所属弁護士会

第二東京弁護士会



主な実績(公表事例のうち主なもの)

  • ジュピターテレコム株式取得価格決定事件(株主側)(2013年~)
  • 東京都観光汽船株式売買価格決定申立事件(株主側)(2012年~2014年)
  • 光通信による京王ズホールディングスの新株発行に対する差止仮処分命令申立事件(発行会社側)(2014年)
  • ホッコク(元JASDAQ)の株式取得価格決定申立事件(発行会社側)(2014年)
  • エース交易(JASDAQ・現EVOLUTION JAPAN)の非公開化と株式取得価格決定申立事件(発行会社側)(2013年~2014年)
  • 株式会社エー・ディー・ワークスのコミットメント型ライツオファリングに関し発行会社のリーガルカウンセルを務める(2013年)
  • 株式会社エー・ディー・ワークスのノン・コミットメント型ライツオファリングに関し発行会社のリーガルカウンセルを務める(2012年~2013年)
  • JALCOホールディングス(JASDAQ)における第三者割当増資における法的助言と第三者委員会の運営(事務局)(2012~2013年)
  • 株式会社ホッコク(当時JASDAQ上場企業)における経営支配権争い(創業家側)(2012年)
  • 三井住友フィナンシャルグループによるプロミスの完全子会社化案件及びプロミスの三井住友フィナンシャルグループ又は三井住友銀行を引受先とする第三者割当増資案件(プロミス側)(2011年~2012年)

セミナー

2016年11月29日外部セミナー[コーポレート・ガバナンス][M&A]

M&A・非公開化・事業承継などを契機とした株価決定事件の実務と株価決定事件・役員の責任追及を見据えた手続のあり方
-ジュピターテレコム事件最高裁決定が実務に与える影響を踏まえて-

論文・著作等

2017年4月書籍[コーポレートガバナンス]

社内規程の整備―平成26年改正会社法・CGコード等を受けて―

2017年3月記事[M&A]

株主代表訴訟中の株式交換等により、原告が株主でなくなった場合の原告適格

2017年3月書籍[コーポレートガバナンス]

株主総会実務必携

2017年3月論文[コーポレート・ガバナンス]

総会招集から事後処理まで 総会実務をスマートにこなすには

2017年1月論文[コーポレート・ガバナンス][M&A]

クリエイト・レストランツ・ホールディングスによるM&Aとガバナンス

すべて表示