業務内容

“Client First”を基本理念に、最高のリーガル・サービスを提供します。

 当事務所は、企業法務の分野において、数多くの経営支配権争い、会社法・金商法分野における最先端の裁判等の紛争案件を成功に導いてきた豊富な経験に裏付けられた強みを生かし、また、ガバナンスを専門とする弁護士とファイナンスを専門とする弁護士が連携して案件に取り組むことにより、平時においても、戦略法務・予防法務の面において最高のリーガル・サービスを提供します。

企業法務の根幹を支える4つの領域で

コーポレート・ガバナンス

 企業法務全般を戦略的観点から全面的にサポートをします。内紛・買収等の経営支配権の争い、プロキシ―・ファイト、社長解任、役員責任追及、不祥事処理など、危機時の対応に関し豊富な経験と実績を有しており、平時の予防法務の面ではそれらを裏付けにあらゆる事態を想定しての助言に努めています。

詳細

M&A

 敵対的企業買収や株式買取請求権の行使、スクイーズアウトの有効性が争われた裁判など、危機時の対応における最先端の問題に数多く取り組んでいます。また、それにより培ったノウハウをも踏まえて、契約書作成、DD等M&A案件の円滑な遂行に必要なリーガル・サービス全般を提供します。

詳細

ファイナンス

 企業の資金調達に関する各種の専門的なサービスを提供します。また、投資ファンドの組成・運営につき業法対応を含む様々な助言をしております。複雑な金融商品に関する専門的指導を行っており、最近大きな問題となっているデリバティブ損失をめぐる紛争については不動の地位を築きつつあります。

詳細

不動産

 不動産一般やREIT・私募ファンドに関する訴訟など紛争案件のほか、不動産に関連する各種取引に関し、交渉、契約書作成、行政機関との折衝等の実践的なリーガル・サービスを提供します。また、スキームの組成や通常の出口処理のほか、近年注目されている不動産関連M&Aにも高度なノウハウを有しております。

詳細